1994年読書記録

 

  1. 鐘(マードック)1/8

 2. 長距離走者の孤独(シリトー)1/20

 3. 土曜の夜と日曜の朝(シリトー)2/3

 4. このささやかな眠り(ナーヴァ)3/3

 5. ゴールデンボーイ(ナーヴァ)3/6

 6. ピッツバーグの秘密の夏(シェイボン)3/30

 7. 中央アジアに入った日本人(金子民雄)4/7

 8. ネパール王国探検記(川喜田二郎)4

 9. 鳥葬の国(川喜田二郎)4

10. 前衛音楽の漂流者たち(長木誠司)5/14

11. 日本幻想文学史(須永朝彦)5/22

12. この世の果ての家(カニンガム)6/14

13. 秘密の国・西蔵遊記(青木文教)6/18

14. 大乗起信論(馬鳴)7/3

15. 意識の形而上学ーー「大乗起信論」の哲学(井筒俊彦)7/4

16. 意識と本質ーー精神的東洋を求めて(井筒俊彦)7/7

17. 正法眼蔵(抄)(道元/玉城康四郎訳)7/16

18. 井筒俊彦/対談鼎談集(井筒俊彦他)7/26

19. 道元の言語宇宙(寺田透)7/30

20. 道元ーー正法眼蔵の言語ゲーム(春日佑芳)8/6

21. 藤原定家(人物叢書)(村山修一)8/9

22. 和泉式部(日本詩人選)(寺田透)8/12

23. 定家明月記私抄(堀田善衛)8/15

24. 選択本願念仏集(法然/石上善応訳)8/18

25. 和語燈録(法然/石上善応訳)8/21

26. 拾遺和語燈録(法然/石上善応)8/21

27. 武士の登場(日本の歴史6)(竹内理三)8/23

28. 金葉和歌集(源俊頼撰)8/24

29. 詞華和歌集(藤原顕輔撰)8/26

30. 千載和歌集(藤原俊成撰)9/4

31. 梁塵秘抄(後白河院撰)9/7

32. 中世公家と地下官人(中原俊章)9/25

33. 日本のレトリック(尼ケ崎彬)10/11

34. 大江匡房(人物叢書)(川口久雄)10/19

35. 藤原定家の時代ーー中世文化の空間(五味文彦)11/1

36. 後拾遺和歌集(藤原通俊撰)11/3

37. 中右記ーー躍動する院政時代の群像(戸田芳実)11/8

38. 古事談(源顕兼撰)11/13

39. 空の思想ーー仏教における言葉と沈黙(梶山雄一)11/23

40. 中世国家の宗教構造(佐々木馨)11/24

41. 日本禅宗の成立(船岡誠)11/26

42. 中世的世界の形成(石母田正)11/29

43. 藤原定家・火宅玲瓏(塚本邦雄)12/1

44. 流浪の戦国貴族近衛前久ーー天下一統に翻弄された生涯(谷口研語)12/4

45. 平安貴族社会の研究(橋本義彦)12/6

46. 文人貴族の系譜(小原仁)12/7

47. 王法と仏法ーー中世史の構図(黒田俊雄)12/8

48. 海と列島の中世(網野善彦)12/10

49. 交感する中世ーー日本と中国(網野善彦/谷川道雄)12/11

50. 異形の王権(網野善彦)12/12

51. 平安貴族(橋本義彦)12/14

52. 藤原頼長(人物叢書)(橋本義彦)12/14

53. 古代末期政治史序説(石母田正)12/22

54. 古代中世の社会文化史(林屋辰三郎)12/25

55. 古代国家の解体(林屋辰三郎)12/31

56. 中世文化の基調(林屋辰三郎)12/31

 読書記録扉ページへ