2001年読書記録

1. 新古今和歌集 1/19

2. 「日本」とは何かー日本の歴史<講談社版>00巻(網野善彦) 1/24

3. 中世奥羽の世界 (小林清治/大石直正編) 1/27

4. よみがえる中世7/みちのくの都多賀城・松島 (入間田宣夫/大石直正編) 1/29

5. よみがえる中世4/北の中世津軽・北海道 (菊池徹夫/福田豊彦編) 1/30

6. 渤海国興亡史 (濱田耕策) 2/1

7. 平安朝の家と女性ー北政所の成立 (服藤早苗) 2/3

8. 聚 楽の夜咄ー林屋辰三郎対談集 (林屋辰三郎他) 2/4

9. 平安朝の年中行事 (山中 裕) 2/18

10.渤海国の謎 (上田 雄) 2/21

11.王朝の風俗と文学 (中村 義雄) 2/27

12.日本王朝国家体制論(坂本 賞三) 3/8

13.日本の歴史<小学館>6/摂関時代 (坂本賞三) 3/12

14.藤原頼道の時代ーー摂関政治から院政へ (坂本賞三) 3/14

15.平安貴族の世界 (村井康彦) 3/25

16.王朝のみやび (目崎 徳衛) 3/28

17.この私、クラウディウス(R・グレーヴズ) 4/14

18.ハドリアヌス帝の回想(M・ユルスナール) 4/21

19.川のほとりに(多田智満子) 4/24

20.長い川のある國(多田智満子) 4/24

21.聖地の想像力−−なぜ人は聖地をめざすのか(植島啓司) 4/25

22.ブルゴーニュの公国の大公たち(J・カルメット) 5/3

23.ブルゴーニュ・ワインの故郷/黄金丘陵(山本博) 5/6

24.OCCUPIED JAPAN(浦野玲子) 5/7

25.架空の庭(矢川澄子) 5/8

26.ことばの国のアリス(矢川澄子) 5/8

27.アリス閑吟抄(矢川澄子) 5/9

28.兎とよばれた女(矢川澄子) 5/9

29.はるなつあきふゆ(矢川澄子) 5/9

30.失われた庭(矢川澄子) 5/10

31.ファラダの首(矢川澄子) 5/11

32.おにいちゃん−−回想の澁澤龍彦(矢川澄子) 5/12

33.ローマ皇帝ハドリアヌス(S・ペローン) 5/16

34.平安時代−−燗熱期の文化の様相と治世の動向(龍 粛) 5/18

35.律令国家の転換と「日本」ーー日本の歴史<講談社版>05巻(坂上康俊) 5/21

36.道長と宮廷社会ーー日本の歴史<講談社版>06巻(大津 透) 5/29

37.武士の成長と院政ーー日本の歴史<講談社版>07巻(下向井龍彦) 6/2

38.院政の研究(美川 圭) 6/4

39.藤原頼通の時代ーー摂関政治から院政へ(坂本賞三) 6/7

40.院政の研究(美川 圭) 6/10

41.後白河院政の研究(下郡 剛) 6/12

42.中世成立期の法と国家(棚橋光男) 6/14

43.王朝の社会ーー大系日本の歴史4(棚橋光男) 6/18

44.後白河法皇(棚橋光男) 6/23

45.院政期政治史研究(元木泰雄) 6/30

46.武士の成立<日本歴史叢書> (元木泰雄) 7/3

47.藤原忠実<人物叢書> (元木泰雄) 7/5

48.平清盛の闘いーー幻の中世国家(元木泰雄) 7/8

49.院政時代史論集(槇 道雄) 7/11

50.ためらいの倫理学(内田 樹) 8/1

51.レヴィナスを読むーー<異常な日常>の思想(合田正人) 8/13

52.もう一つの戦後史 (江藤淳) 8/16

53.戦後的思考(加藤典洋) 8/22

(戦争論ーー新ゴーマニズム宣言special (小林よしのり) 8/22)−−(註)

54.敗戦後論(加藤典洋) 8/25

55.魂の昭和史(福田和也) 8/26

56.国家についての考察(佐伯啓思) 8/29

57.墜落論(坂口安吾) 9/10

58.坂口安吾全集5<ちくま文庫>(坂口安吾) 9/16

59.戦争はどのように語られてきたか(川村湊/成田龍一他) 9/20

60.幸福な国民またはフェリシー人の政体(メルシエ・ド・ラ・リヴィエール) 9/30

61.社会契約論 (J・J・ルソー) 10/8

62.コルシカ憲法草案(J・J・ルソー) 10/9

63.ポーランド統治論(J・J・ルソー) 10/10

64.ヴォルテール氏への手紙(J・J・ルソー) 10/10

65.富に関する論(J・J・ルソー) 10/11

66.政治経済論(J・J・ルソー) 10/11

67.ルソーとその時代 (押村襄/押村高/中村三郎/林幹夫) 10/22

68.イスラーム文化ーーその根底にあるもの (井筒俊彦) 10/30

69.イスラーム世界の二千年ーー文明の十字路・中東全史 (B・ルイス) 11/2/p>

70.イスラーム的ーー世界化時代の中で (大塚和夫) 11/5

71.イスラームの心 (黒田壽郎) 11/7

72.イスラーム生誕 (井筒俊彦) 11/9

73.イスラームの国家・社会・法ーー法の歴史人類学 (H・ガーバー) 11/13

74.オスマン帝国とイスラム世界 (鈴木董) 11/19

75.中世寺院の風景ーー中世民衆の生活と心性 (細川涼一) 11/22

76.中世の興福寺と大和 (安田次郎)11/25

77.院政時代史論集(槇 道雄) 11/27

78.院政臣の研究(槇 道雄) 12/3

79.中世の王朝社会と院政(白根靖大) 12/13

80.院政時代史論集(槇 道雄) 12/20

81.院近臣の研究(槇 道雄)12/23

82.中世のうわさ――情報伝達のしくみ(酒井紀美)12/26

83.夢語り・夢解きの中世(酒井紀美)12/26

84.平安京――くらしと風景(木村茂光編)12/31

85.La Tempesta(宇科うさぎ)12/31

(註)ふだんコミックをたくさん読んでおりますが、原則としてそれらは「読書記録」
に掲載しておりません。小林よしのり氏の「戦争論ーー新ゴーマニズム宣言special」を
掲載したのはあくまでも例外であり、このため、これは番号外としました。

 

読書記録扉ページへ