院政期社会の言語構造を探る

花月百首 別註

〜慈円、藤原良経、藤原定家の百首歌〜

慈円の花月百首は以下のとおり。ただし月の歌一首不足。引用は「国歌大系」(講談社)による。ただし歌の表記の一部を私意によりあらためた。
<花五十首>
吉野山花待つ空の朝霞咲かぬ梢の色とこそ見れ
はや匂へ独り眺むる山桜咲かずば誰か尋ねても見む
春ならで誰か訪ひ来し山里に花を待つこそ人を待ちけれ
梢には花の姿を思はせてまづ咲くものは鴬の声
山里の春のあるじを人問はば己が尋ぬる花と答へよ
吉野山花を尋ぬる人は皆わが類ひとや我を見るらむ
咲き初むる花の梢を眺むれば雪になりゆくみ吉野の山
山桜匂はぬ程の白雲はいつかはよその目にも懸りし
花ゆゑに厭ふものまでながむかな隔つる霞散らす山風
見る人の心にかゝるものやなに春の弥生の白河の雲
外はおはず宿のものとは九重の御階の花の盛りのみこそ
待つ思ひ惜しむ歎きのひまにたゞあはれほどなき花盛りかな
山桜思ふあまりに世に経れば花こそ人の命なりけれ
春の花眺むるままの心にていくほどもなき世を過さばや
主嫌ふ花ならねども咲きぬればわがものとこそ覚えざりけれ
眺むれば心も負はず山桜うき世の外の花とこそ見れ
春を経て花をあはれと思ひ知る心の宿はみよし野の山
吉野山この住ひにぞ思ひ知る憂き身ならずば花を見ましや
筑波山繁き梢をおしなべてさながら花と思はましかば
花の名を春とはいはむ山里に花無かりせば春を見ましや
花の色やなほ濃からまし匂ふ枝に山郭公据ゑて見たらば
故郷と思ひしかども花故に帰り住む身となりぬべきかな
よしの山花にかさなる花なれや桜が枝にかゝる白雲
あくがれて多くの花を見しかどもなほ山里の色はありけり
身の憂さに思ひよそへて眺むれどのかぬは花の情なりけり
花ゆゑに問ひ来る人の別れまで思へば悲し春の山風
雲に紛ふ高嶺の花の俤は散らで心にかゝるなりけり
花に咲く春の山風にほひ来て心迷はす曙の空
汀にもあらぬ桜の枝にさへさゞ波よする志賀の山風
風わたる梢も道も春ながら雪のみ分くる志賀の山越え
風をいたみ山漕ぐわれは舟なれや花の白波分けて来つれば
山桜惜しまぬ人もありぬべし風の心をわれになしつゝ
松風に眺めし秋は花故に厭ふべしとは思はざりしを
み吉野の花の梢に誘はれてあだに散り来る春の山風
庵の上に幾重錦を吹きつらむ花散る春の小初瀬の山
花の散る吉野の奥の寒きかな空に知らるゝ雪と見るまで
桜花惜しみかねたる夕されは涙も風に散る心ちして
山高み雲に紛へて見る花の散るは晴れぬる心ちこそすれ
山里の峯の白雲散りぬれば花見る人もまた晴れにけり
峯の花散りかゝれるを便りにて流れぬ影を流す山水
可惜しやえぞが千島の春の花眺むる人もなくて散りなむ
み吉野の外山の花は散りにけり奥の梢や盛りなるらむ
うつろへど人の心の花はなほ見えせぬ色に慰みもなし
かくばかりえ難きものを月よりも花こそ世をば思ひ知りけれ
心あれや惜しまれてこそ花は散れあはれ憂世の風をいたまぬ
かねて思ふことはさながらたがふ世にこのことばかりを背く花かな
花は散りぬまた来む花は遙かなり折につけたる慰めやなに
さらでだに散れば空しき花の色に染めし心を思ひ返しつ
思ふべし今年ばかりとながめ来て四十の春の花に馴れぬる
散る花の故郷とこそなりにけれ我が住む宿の春の暮方

<月五十首>
三日月の仄めき初むる垣根よりやがて秋なる空の通ひ路
待ち得たる影はものかは夜の月出づる気色の山の端の空
出でやらぬ月をぞ思ふ待ち得てもやがて涙に曇るべければ
澄む月に思ひしまゝの心かな秋と頼みし影を待ち得て
尋ね来て見るもかひある広沢の池こそ月の光なりけれ
逢坂に駒曳く夜半の月影を秋のみ空の関とこそ見れ
曇るとて今日のみ空を眺めずば名を得たる夜のかひや無からむ
秋の夜をなに長月と思ひけむ今宵の月に明くる東雲
秋の夜はよも更科と思ひしに姥捨山に雲のかゝれる
秋の夜の月のあたりは村雲を払ふとすれば荻の上風
おり知れる秋の野原の花はみな月の光の匂ひなりけり
さ男鹿も今宵は声や立てざらむ月の光の雪に埋れて
虫の音を月と共にぞ眺めつる野原の露を袖に任せて
誰となく心に人の待たるゝや眺むる月の誘ふなるらむ
曇れ月眺むる人や立ち入ると入らずば空も心ありなむ
うちしぐれ晴れ行く空を眺むれば月の桂も色増りけり
月影の身にしむ音となるものは光を分くる峯の松風
眺めこし心は花の名残にて月に春あるみ吉野の山
庵さす野路も山路も月冴えておりよき旅の草枕かな
み山べは木陰も暗し浪路こそ遙かに月は冴え増りけれ
清見潟月の光の冴えぬれば浪の上にも霜は置きけり
憂き身には眺むるかひもなかりけり心に曇る秋の夜の月
わが涙こは何事ぞ秋の夜の闇なき空に闇を敷かせて
春も秋も思ひ分かれぬ深き山に住むなる人も月は見るらむ
思ひ入る心の末に月冴えて深き色ある山の奥かな
思ひ入りてながむる夜半の月影は都の空も姥捨の山
曇りなく月はさりとも照らすらむもの思ふ身の行末の秋
皆人の心のうちにすむ月の外とや思ふ秋のみ空を
曇りこじ心の空も晴れぬべし浮世を誘ふ月を眺めて
帰り出でて後の闇路を照らさなむ心に宿る山の端の月
いつかわれ都の外の月を見て思ひしことを思ひ合はせむ
我が宿に帰りな冴えそ夜半の月思ふことある身とは知らずや
見る人の心より澄む月なれば更け行くままに冴え増りけり
播磨潟磯うつ波は耳馴れてかたぶく月に夢を残しつ
月かげの流るゝ天の川水によどむばかりのしがらみもがな
野辺しむるすゞの篠屋に鴫立ちて窓に傾く月を見るかな
浮世思ふ柴の庵の隙をあらみ誘ふか月の西にかたぶく
有明の月の行方を眺めてぞ野寺の鐘は聞くべかりける
月を待つ宵の袂のまゝよりもなほ露深き東雲の空
月よりもなほ澄みまさる心かな独り寝ざめの秋の有明
月影にあはれをそふる鹿の音にまたあはれそふ鐘の音かな
冴えわたる月に心の通ふかな浜名の橋の有明の空
入りぬれど涙の露に影とめて月は袂に有明の空
山の端に飽かで入りぬる月影は松の嵐に残るなりけり
年を経て月やあはれと思ふらむ眺むる人の変り行くをば
木のもとに月も光を和げて神さびわたる峯の秋風
三笠山眺むる月は行末の秋も遙けし秋の宮人
萬代の秋の例と見ゆるかな御裳濯川に澄める月影
いかばかり暮れ行く秋を惜しむらむ月の盛りの別れなりせば

良経の花月百首は以下のとおり。引用は「国歌大系」(講談社)による。ただし歌の表記の一部を私意によりあらためた。
<花五十首>

昔誰かかる桜の種をうゑて吉野を春の山となしけむ
谷川の打ち出づる浪に見し花の峯の梢になりにけるかな
尋ねてぞ花と知りぬる初瀬山霞の奥に見えし白くも
花なれや山の高ねの雲居より春のみおとす瀧の白糸
立田山折々見する錦かなもみぢし嶺に花咲きにけり
かづらきの嶺の白雲かをるなり高間の山の花盛りかも
比良の山は近江の海の近ければ浪と花との見ゆるなるべし
さらにまた麓の浪もかをるなり花の香おろす志賀の山風
秋はまた鹿のね告げし高砂のをのへの程に桜一むら
明けわたる外山の梢ほのぼのと霞ぞかをる宇治の春風
世の中よ桜に咲ける花なくば春といふ頃もさもあらばあれ
九重の花の盛りになりぬれば雲ぞ雲居のしるしなりける
立ちよれば御階の桜盛りなり幾代の春のみゆきなるらむ
我が宿を花に任せて此の頃は頼めぬ人の下待たれつゝ
眺めくらす宿の桜の花盛り庭の木かげに旅寝をぞする
誰となく待たるゝ人を誘へかし宿の桜をすぐる春風
都人いかなる宿を尋ぬらむぬし故花は匂ふものかは
今日こずば庭にや跡の厭はれむとへかし人の花の盛りを
窓の内に時々花のかほり来て契り知らるゝ花のかげかな
我が厭ふ春の山守思ひ知れ折らずば風の残すべきかは
かすみゆく宿の梢ぞ哀れなるまだ見ぬ山の花の通ひぢ
はるばると我が住む方は霞にて宿かる花を払ふ山風
あはれなる花の木陰の旅寝かな嶺の霞の衣かさねて
村鳥のしづ枝に馴るゝ気近さに花に宿かる程ぞ知らるゝ
待ちわびぬ更に人をや尋ねまし花故とてぞ来つる山路を
散らぬ間に今一度と契るかな今日諸共に花見つる人
厭ふべき同じ山路に分け来ても花故をしくなる此の世かな
栞せで吉野の花や尋ねましやがてと思ふ心ありせば
花盛り吉野のみねや雪の山法もとめしよ道はかはれど
鷲の山御法のにはに散る花を吉野の嶺の嵐にぞ見る
いづくにもさこそは花を惜しめども思ひ入りたるみ吉野の山
花宿る桜が枝は旅なれや風立ちぬれば根に帰るらむ
散る花も世を浮雲となりにけり虚しき空を写す池水
色も香も此の世に負はぬものぞとて暫しも花をとめぬ春風
はなも皆うき世の色と眺むればおり哀れなる風の音かな
吹く風や空に知らする吉野山雲にあまぎる花の白雲
高砂の松に浦風かよふなり尾上の花のあたりなるらむ
浦風に花や散るらむ志賀の山たかねも沖も同じさざなみ
雲と見し深山の花は散りにけり吉野の瀧の末の白波
高ねより谷の梢に散りきつゝ嶺にかへらぬ桜なりけり
山颪のたにに桜をさそひきてなほ岩たゝく雪の下水
風よりも過ぐる日数のつらきかないつかは散りし春の初花
あけがたの深山のはるの風さびて心くだけと散る桜かな
花ちればやがて人めも枯れはつる深山の里の春の暮かな
庭に散る花は雨にぞしをれける梢に風を恨み恨みて
ちる花を苗代水に誘ひ来て山田のかはず声薫るなり
なほちらじ深山かくれの遅桜またあくがれむ春の暮がた
高砂の尾上の花に春くれて残りし松の栄えゆくかな 

<月五十首>
三日月の秋ほのめかす夕暮は心に荻の風ぞこたふる
大方に身にしむ風も秋の夜は月故とのみなりにけるかな
春夏の空に哀れを残しける月を秋にてこよひ見るかな
さらぬだに更くるは惜しき秋の夜の月より西に残る白雲
鹿もわび虫も恨むる所とて露けきのべに月ぞ宿かる
月影の残る隈なき野原かな葛のうらまで見する秋風
照る月に哀れを添へて鳴く雁の落つる涙はよその袖まで
里とよむ音も静になりはててさ夜更け方にすめる月影
雲きゆる千里の外に空さえて月よりうづむ秋の白雲
清見潟遙かに沖の空はれて浪より月のさえのぼるかな
潮風の与謝のうら松おとさえて月影よする沖つ白なみ
哀れいかに心ある海士のなかるらむ月影霞む塩竃の浦
なるみがた荒磯浪の音はして沖の岩こす月の影かな
むしあけの瀬戸の潮干の明方に浪の月影遠ざかるなり
思ひやる心にかすむ海山も一つになせる月の影かな
広沢の池におほくの年ふりてなほ月のこる暁の空
猿沢の玉藻の水に月さえて池に昔のかげぞうつれる
我が宿は姥捨山に住みかへつ都の跡を月やもるらむ
更科の月やは我をさそひ来し誰がすることぞ宿の哀れは
月宿る野路の旅寝の笹枕いつ忘るべき夜はのけしきぞ
今宵誰すゞの篠屋に夢さめて吉野の月に袖濡らすらむ
篠深き野中の庵に宿かりてつゆまどろまずみつる月かな
あたらしや門田の稲葉ふく風に月影ちらす露の白玉
月だにも慰めがたき秋の夜の心も知らぬ松の風かな
寂しさや思ひよわると月見れば心の底ぞ秋深くなる
奥山に浮世離れて住む人の心しらるゝ夜はの月かな
独りぬる閨の板間に風ふれてさむしろ照らす秋の夜の月
誰きなむ今宵の月は見るやとて蓬が下の道を分けつゝ
照る月も見る人からの哀れかな我が身一つの今宵ならねど
よもの海波も一つにすむ月の影傾ぶかぬ君が御代かな
雲の上遙かに照らす月影を秋のみやにて見るぞうれしき
独り寝の夜寒になれる月見れば時しもあれや衣うつ声
濁る世も尚すむ影ぞ頼もしき流れ絶えせぬ御裳濯の月
朝日さす春日の嶺の空はれて其の名残なる秋の夜の月
さらしなを心のうちに尋ぬれば都の月も哀れ添ひけり
待つ人もおぼえぬものを槇の戸に嵐や叩く月を見よとて
秋ぞかし今宵ばかりの寝覚かは心つくすな有明の月
浮世とはいつもさこそは思へども心のたけを月に知りぬる
かき曇る心は厭ふな夜半の月なにゆゑ落つる秋の涙ぞ
なかなかに月の隈なき秋の夜はながめに浮ぶ五月雨の空
厭ふ身も後の今宵も待たれけりまたこむ秋は月も眺めじ
浮世厭ふ心の闇のしるべかな我が思ふ方に有明の月
横雲の嵐にまよふ山の端に影定まらぬしのゝめの月
紅葉ばの散るに晴れ行く住まひかな月疎かりし深山隠れも
谷ふかき葎が下の埋れ水それにも月のひまもとめけり
叢雲のしぐれて過ぐる梢より嵐にはるゝ山の端の月
さよ深き嵐の音に山さびて木の間の月の影の寒けさ
有明になりゆく月を眺めても秋の名残を打ち数えつゝ
長月の有明の月の明方を誰まつ人のながめ侘ぶらむ
秋の色のはては枯野となりぬれど月は霜こそ光なりけれ

定家の花月百首は以下のとおり。引用は「藤原定家歌集」(岩波文庫)による。ただし歌の表記の一部を私意によりあらためた。
<花五十首>

さくら花さきにし日より吉野山そらもひとつに薫るしらくも
足引の山のはごとにさくはなの匂にかすむはるのあけぼの
花ざかり外山の春のからにしきかすみのたつも惜しき頃かな
かすみ立つ峯のさくらのあさぼらけくれなゐくゝる天の川波
さくら花ちらぬ梢に風ふれて照る日もかをる志賀のやまごえ
花ののちやへ立つ雲に空とぢて春にうづめるみよし野のそこ
さもあらばあれ花より外のながめかは霞にくらすみ吉野の春
あくがれし雪と月との色とめてこずゑに薫るはるのやまかぜ
吉野山かすみ吹きこす谷風にちらぬさくらのいろさそふらむ
降り来ぬる雨もしづくも匂ひけり花より花にうつるやまみち
長き日に遊ぶいとゆふしづかにて空にぞ見ゆる花のさかりは
百敷やたましくにはのさくら花てらす朝日もひかりそへけり
かざしもて暮す春日ののどけきに千代も経ぬべき花の陰かな
宮人の袖にまがへるさくら花にほひもとめよはるのかたみに
手折りもて行きかふ人のけしきまで花のにほひは都なりけり
こきまずる柳のいとも結ぼほれ乱れてにほふはなざくらかな
雲のうち雪の下なるはるのいろをたれわが宿の上と見るらむ
明けはてず夜のまの花にこととへば山のは白く雲ぞたなびく
槇の戸はのきばの花のかげなれば床もまくらも春のあけぼの
いかばかりのちも忘れぬつまならむさくらに馴るゝ宿の夕暮
目かれせずいとゞさくらぞ惜しまるゝうちもまぎれぬ春の山里
八重葎とぢけるやどのかひもなし故郷とはぬ花にしあらねば
竹のかき松のはしらはこけむせど花のあるじぞ春さそひける
花のふち桜のそことたづぬれば岩もるみづのこゑぞかはらぬ
枝かはす松のみありしこずゑにて雲と浪とにたどるはるかな
空はゆき庭をば月のひかりとていづくに花のありかたづねむ
花の香はかをるばかりを行方とて風よりつらき夕やみのそら
思ひ入るゆくへは花のうへにして苔にやどかる春のうたゝね
過ぎがてにをらましものを桜花かへる夜のまに風もこそ吹け
散りまがふ木のもとながらまどろめば桜にむすぶ春の夜の夢
まだ馴れぬ花のにほひに旅寝して木立ゆかしき春の夜のやみ
玉鉾のたよりにみつるさくら花またはいづれの春かあふべき
やまざくらいかなる花の契にてかばかり人のおもひ初めけむ
時こそあれさらではかゝる匂かは桜もいかにはるを待ちけむ
さくらばなたをりもやらぬ一枝にこずゑにのこる心をぞ知る
やまざくら心のいろをたれみてむいくよの花のそこに宿らば
後もうしむかしもつらし桜花うつろふそらのはるのやまかぜ
梢よりほかなる花のおもかげもありしつらさのわたる風かな
なにとなくうらみなれたる夕べかなやよひの空の花のちる頃
暮れぬとも花ちる嶺の春のそらなほ宿からむひとよばかりも
春風のなみこす空になりにけり花のみぎはのみねのはままつ
山がくれ風のしるべに見る花をやがてさそふはたにがわの水
山桜まてともいはじ散りぬとておもひ増すべき花しなければ
いかにして風のつらさを忘れなむ桜にあらぬさくらたづねて
さくら花思ふものからうとまれぬ慰めはてぬはるのちぎりに
わびつゝは花を恨むる春もがな風のゆくへにこゝろまよはで
花を思ふこゝろにやどるまくず原あきにもかへす風の音かな
散りぬとてなどて桜を恨みけむちらずばみましけふの庭かは
あと絶えしみぎはの庭に春くれて苔もや花のしたに朽ちぬる
吹く風もちるも惜しむも年ふれどことわり知らぬ花のうえかな

<月五十首>
秋は来ぬ月は木のまにもり初めておきどころなき袖の露かな
冴えのぼる月のひかりにことそひて秋の色なるほしあひの空
これぞこの待たれし秋の夕べよりまづくもはれていづる月かげ
数ふれば秋来てのちの月の色をおぼめかしくもしぼる袖かな
秋といへば空すむ月をちぎりおきてひかり待ちとる萩の下露
秋をへてこゝろに浮ぶ月影をさながらむすぶやどのましみず
松虫のこゑのまにまにとめくれば草葉のつゆに月ぞやどれる
あかざりし山井の清水手にくめばしづくも月のかげに宿れる
深草のさとの籬はあれはてゝ野となるつゆにつきぞやどれる
さむしろやまつよの秋の風ふけて月をかたしくうぢのはし姫
なにとなく過ぎこし秋のかずごとにのち見る月の哀れとぞなる
そのふしとおもひもわかぬ涙かな月やはつらき秋もうからず
あづまやのまやのあたりの露かけて月のひかりも袖濡しけり
よもぎふのまがきの虫のこゑわけて月は秋とも誰かとふべき
月ゆゑにさゝずばしばし言とはむ柴の編戸よわれ待たずとも
庭の面にうゑおくあきの色よりも月にぞ宿のこゝろ見えける
分けがたき葎の宿のつゆの上は月のあはれもしくものぞなき
関の戸を鳥のそらねははかれども有明の月はなほぞさしける
思ひやる峰のいはやの苔の上に誰かこよひの月を見るらむ
尋ね来て聞くだに淋しおく山の月に冴えたるまつかぜのこゑ
月かげは秋より奥の霜おきて木ぶかく見ゆるやまのときは木
山ふかみ岩きりとほす谷川をひかりにせけるあきのよのつき
秋の夜は月ともわかぬながめゆゑそでに氷のかげぞみちぬる
見る夢はをぎの葉風にとだえしておもひもあへぬ閨の月かげ
眺むれば松よりにしになりにけり影はるかなるあけがたの月
しのゝめは月もかはらぬ別れにてくもらば暮のたのみなきかな
月ゆゑにあまりもつくす心かな思へばつらしあきの夜のそら
明けばまた秋のなかばもすぎぬべし傾く月のをしきのみかは
いく里の露けきのべにやどかりしひかりともなふもち月の駒
秋のよの有明のつきの月影はこの世ならでもなほやしのばむ
いく秋とゆくへも知らぬ神代までたもとに見する月の空かな
月を思ふこゝろにそへてしのばずば忘れもすべき昔なりけり
とこのうへの光に月のむすび来てやがて冴えゆくあきの手枕
月清みはねうちかはしとぶ雁のこゑあはれなるあきかぜの空
明くる空いる山のはを恨みつゝいくたび月にものおもふらむ
袖のうへまくらの下にやどりきて幾年なれぬあきの夜のつき
さらしなは昔のつきのひかりかはたゞ秋風ぞをばすてのやま
四方の空ひとつ光にみがかれてならぶものなき秋の夜のつき
ころもうつひゞきに月のかげふけて道ゆき人の音もきこえず
かげさえて照すこしぢの山人は月にやあきをわすれはつらむ
あくがるゝ心はきはもなきものを山のはちかき月のかげかな
わすれじよ月もあはれと思ひ出でよわが身の後の行末のあき
しかりとて月の心もまだしらずおもへばうとき秋のねざめを
峯のあらし浦のなみ風ゆきさえてみな白妙のあきの夜のつき
月きよみねられぬ夜しももろこしの雲の夢まで見る心地する
今よりのこずゑの秋は深くとも月いづるみねは風のまにまに
露時雨下葉のこらぬやまなれば月も夜をへてもりまさりけり
山のはの思はむこともはづかしく月よりほかの秋はながめじ
あぢきなく物おもふ人の袖のうへに有明の月の夜を重ねては
長月の月のありあけのしぐれゆゑあすの紅葉の色もうらめし



花月百首 本文