17〜18世紀をさらによく知るために(参考文献集)
Pour bien connaitre le 17e et 18e siecles 

以下、17世紀から18世紀にかけてのヨーロッパ思想界の動きを知るのに役立つと考えられる参考文献を掲げます。ただし、以下のリストは網羅的な集成を意図したものではなく、膨大な文献のなかから管見に入ったものの一部にすぎません。この目録が、当ページにアクセスされた方のオリジナル目録作成の一助となれば幸いです。
なお、世界史、哲学史全般を扱った文献は大幅に省略しました。また、ジャンル別の分類は、絶対的なものではなく一応の目安とお考えください。
個別の思想家の作品、研究書は「人物誌」の各思想家のコーナーにも掲げてありますので、そちらもご参照ください。

【思想状況全般】
ポール・アザール Paul Hazard 
・ヨーロッパ精神の危機 1680−1715(野沢協訳、法政大学出版局、1973年)P
 La Crise de la conscience europeenne 1680-1715, 1935
・18世紀ヨーロッパ思想ーーモンテスキューからレッシングへ(小笠原弘親・小野紀明・川合清隆・山本周次・米原謙訳、行人社、1987年)
 La Pensee europeene du 18e siecle, de Montesquieu a Lessing, 1946
バジル・ウィリー Basil Willey
・17世紀の思想的風土(深瀬基寛訳、創文社、1958年)
 The 17th Century Background, 1934
・18世紀の自然思想(三田博雄・松本啓・森松健介訳、みすず書房、1975年)
 The 18th Century Background-Studies on the Idea of Nature in the Thought of the Periode, 1940
エルンスト・カッシーラー Ernst Cassirer
啓蒙主義の哲学(中野好之訳、紀伊國屋書店、1962年)
 Die Philosophie der Aufklarung, 1932
ベルンハルト・グレトゥイゼン Bernhard Groethuysen
・ブルジョワ精神の起源ーー教会とブルジョワジー(野沢協訳、法政大学出版局、1974年)
 Origines de l'esprit bougeois en France. I-L'Eglise et la Bourgeoisie, 1927
・フランス革命の哲学(井上堯裕訳、法政大学出版局、1977年)
 Philosophie de la Revolution francaise, 1956
レスリー・スティーヴン Leslie Stephen
・18世紀イギリス思想史 全3巻(中野好之訳、筑摩書店、1969〜70年)
 History of English Thought in the Eighteenth Century, 1867
ピーター・ゲイ Peter Gay
・自由の科学ーーヨーロッパ啓蒙思想の社会史 T&U(中川久定・鷲見洋一・中川洋子・永見文雄・玉井通和訳、ミネルヴァ書房、1982、86年)
 The Science of Freedom, 1969 (The Enlightenment; An Introduction)
ジャン・スタロビンスキー Jean Starobinski
自由の創出ーー18世紀の芸術と思想(小西嘉幸訳、白水社、1982年)
 L'Invitation de la liberte, 1700-1789, 1964
ミッシェル・フーコー Michel Foucault
・言葉と物ーー人文科学の考古学(渡辺一民・佐々木明訳、新潮社、1974年)
 Les mots et les choses, 1966
ウルリヒ・イム・ホーフ Ulrichr Im Hof
・啓蒙のヨーロッパ(成瀬治訳、平凡社、1998年)
 Das Europa der Aufklarung, 1993
ダニエル・モルネ Daniel Mornet
・18世紀フランス思想ーーヴォルテール、ディドロ、ルソー(市川慎一・遠藤真人訳、大修館書店、1990年)
 La pensee francaise au 18e siecle, 1926
・フランス革命の知的起源 上下(坂田太郎・山田九朗監訳、勁草書房、1969、71年)
 Les origines intellectuelles de la Revolution Francaise, 1933
アーサー・O・ラヴジョイ Arther O. Lovejoy
・存在の大いなる連鎖(内藤健二訳、晶文社、1975年)
 The Great Chain of Being, 1936

赤木昭三
・フランス近代の反宗教思想ーーリベルタンと地下写本(岩波書店、1993年)
安藤隆穂
・フランス啓蒙思想の展開(名古屋大学出版会、1989年)
木崎喜代治
・フランス政治経済学の生成ーー経済・政治・財政の諸範疇をめぐって(未来社、1976年)
・信仰の運命ーーフランス・プロテスタントの歴史(岩波書店、1997年)
後藤末雄
・中国思想のフランス西漸 1&2(平凡社<東洋文庫>、1969年)
田中秀夫
・文明社会と公共精神ーースコットランド啓蒙の地層(昭和堂、1996年)
・共和主義と啓蒙ーー思想史の視野から(ミネルヴァ書房、1998年)
田村一郎
・18世紀ドイツ思想と「秘儀結社」(多賀出版、1994年)
寺田元一
・編集知の世紀ーー18世紀フランスにおける「市民的公共圏」と「百科全書」(日本評論社、2003年)
松平齊光
・フランス啓蒙思想の研究(有斐閣、1958年)
森岡邦泰
・深層のフランス啓蒙思想ーーケネー、ディドロ、ドルバック、ラ・メトリ、コンドルセ(晃洋書房、2002年)

・シャトレ哲学史4 啓蒙時代の哲学(フランソワ・シャトレ監修、野沢協監訳、白水社、1976年)
 L'Histoire de la philosophie, idees, dontrines-Les Lumieres, dir. Francois Chatelet, 1973
・フランス哲学・思想事典(小林道夫・小林康夫・坂部恵・松永澄夫編/弘文堂、1999年)
・イギリス思想の流れーー宗教・哲学・科学を中心として(鎌井敏和・泉谷周三郎・寺中幸治編、北樹出版、1998年)

【時代史】
・近代国家形成の諸問題(吉岡昭彦・成瀬治編、木鐸社、1979年)
・イギリス近代史ーー宗教改革から現代まで(村岡健次・川北稔編著、ミネルヴァ書房、1986年、2003年改訂)
・長い18世紀のイギリス(近藤和彦編、山川出版社、2002年)
・フランス近代史ーーブルボン王朝から第五共和政へ(服部春彦・谷川稔編著、ミネルヴァ書房、1993年)

スチュワート・ジョーゼフ・ウルフ Stuart Joseph Woolf

・イタリア史1700−1860(鈴木邦夫訳、法政大学出版局、2001年)
 A History of Italy 1700-1860, 1979
マイク・ダッシュ Mike Dash
・チューリップ・バブル(明石三世訳、文藝春秋社<文春文庫>、2000年)
 Tulipomania, 1999
ピーター・バーク Peter Burke
・ヨーロッパの民衆文化(中村賢二郎・谷泰訳、人文書院、1988年)
 Popular culture in Early Modern Europe, 1978
クリストファ・ヒル Christopher Hill
・イギリス革命の思想的先駆者たち(福田良子訳、岩波書店、1972年)
 Intellectual Origins of the English Revolution, 1965
・オリバー・クロムウェルとイギリス革命(清水雅夫訳、東北大学出版会、2003年)
 God's Englishmann, Oliver Cromwell and the English Revolutionu, 1970
フランソワ・ブリュシュ Francois Bluche
・La vie quotidienne au temps de Louis XVI[ルイ16世時代の日常生活] (Hachette, 1980)
・Les Magistrats du parlement de Paris au 18e siecle[18世紀パリ高等法院の司法官] (Economica, 1986)
・La noblesse francaise au 18e siecle[18世紀のフランス貴族] (Hachette, 1995)
ヨハン・ホイジンガ Johan Huizinga
レンブラントの世紀ーー17世紀ネーデルラント文化の概観(栗原福也訳、創文社、1968年)
 Nederland's beschaving in de zeventiende eeuw, een schets, 1941
ロイ・ポーター Roy Porter
・イングランド18世紀の社会(目羅公和訳、法政大学出版局、1996年)
 English Society in the 18th Century, 1982
ジョン・マクマナーズ John McManners
・死と啓蒙ーー18世紀フランスにおける死生観の変遷(小西嘉幸・中原章雄・鈴木田研二訳、平凡社、1989年)
 Death and the Enlightenment, 1981
ルイ・マラン Louis Marin
・王の肖像ーー権力の表象の歴史的哲学的考察(渡辺香根夫訳、法政大学出版局、2002年)
 Le portrait de Roi, 1981
ロベール・マンドルー Robert Mandrou
・民衆本の世界ーー17・18世紀フランスの民衆文化(二宮宏之・長谷川輝夫訳、人文書院、1988年)
 De la culture populaire aux 17e et 18e siecles, 1975
ユベール・メティヴィエ Hubert Methivier
・啓蒙時代ーールイ15世の世紀(安斎和雄訳、白水社<文庫クセジュ>、1968年)
 Le siecle de Louis XV, 1966

・富と徳ーースコットランド啓蒙における経済学の形成(I・ホント、M・イグナティエフ編、水田洋・杉山忠平監訳/未来社、1990年)
 The Shaping of Political Economy in the Scottish Enlightenment, dir. Istvan Hont & Michael Ignatieff, 1983
・18世紀の恐怖ーー言説・表象・実践(J・ベールシュトルド、M・ポレ編、飯野和夫・田所・光男・中島ひかる訳/法政大学出版局、2003年)

赤木昭三、赤木富美子
・サロンの思想史ーーデカルトから啓蒙思想へ(名古屋大学出版会、2003年)
赤羽裕
・アンシァン・レジーム論序説(みすず書房、1978年)
石井三記
・18世紀フランスの法と正義(名古屋大学出版会、1999年)
大津真作
・啓蒙主義の辺境への旅(世界思想社、1986年)
科野孝蔵
・オランダ東インド会社盛衰史(同文館出版、1993年)
川田靖子
・17世紀フランスのサロン(大修館書店、1990年)
小林良彰
・フランス絶対主義と市民革命(風間書房、2002年)
佐々木健一
・フランスを中心とする18世紀美学史の研究ーーウァトーからモーツァルトへ(岩波書店、1999年)
柴田三千雄
・近代世界と民衆運動(岩波書店、1983年)
永積昭
・オランダ東インド会社(講談社<講談社学術文庫>2000年)
中村浩巳
・ファランの痙攣派ーー18世紀フランスの民衆的実存(法政大学出版局、1994年)
成瀬治
・絶対主義国家と身分制社会(山川出版社、1988年)
長谷川輝夫
・聖なる王権ブルボン家(講談社、2002年)

・啓蒙政治思想の形成ーー近代政治思想の研究T(澁谷浩編、成文堂、1984年)
・啓蒙政治思想の展開ーー近代政治思想の研究U(小笠原弘親・市川慎一編、成文堂、1984年)

フランソワ・オリヴィエ=マルタン Francois Olivier Martin
・フランス法制史概説(塙浩訳、創文社、1986年)
 Histoire du droit francaise des origines a la Revolution, 1948
志垣嘉夫
・フランス絶対王政と領主裁判権(九州大学出版会、2000年)

【ユートピア思想】
・ユートピア旅行記叢書(岩波書店) 全15巻
・啓蒙のユートピア(法政大学出版局) 全3巻(第2巻未刊)

フランコ・ヴェントゥーリ Franco Venturi
・啓蒙のユートピアと改革(加藤喜代志・水田洋訳、みすず書房、1981年)
 Utopia and Reform in the Enlightenment, 1971
ブロニスラフ・バチコ Bronislaw Baczko
・革命とユートピアーー社会的な夢の歴史(森田伸子訳、新曜社、1990年)
 Lumieres de l'Utopie, 1978
アンドレ・リシュタンベルジェ Andre Lichtenberger
・18世紀社会主義(野沢協訳、法政大学出版局、1981年)
 Le Socialisme au 18e siecle, 1895

縫田清二
・ユートピアの思想ーー個と共同の構想力(世界書院、2000年)
平井新
・近代フランス社会主義の潮流(慶友社、1960年)

【フランス革命】
ミッシェル・ヴォヴェル Michel Vovelle
・フランス革命の心性(立川孝一・槇原茂・奥村真理子・渡部望訳、岩波書店、1992年)
 La mentalite revolutionnaire, 1985
ジャック・ゴデショ Jacques Godechot
・反革命ーー理論と行動 1789−1804(平山栄一訳、みすず書房、1986年)
 La cntre-Revolution doctrine et Action 1789-1804, 1961
ロジェ・シャルティエ Roger Chartier
・フランス革命の文化的起源(松浦義弘訳、岩波書店、1994年)
 The Cultural origins of the French Revolution, 1991
ルネ・セディヨ Rene Sedillot
・フランス革命の代償(山崎耕一訳、草思社、1991年)
 Le cout de la Revolution francaise, 1987
アルベール・ソブール Albert Soboul

・フランス革命1789−1799(岩波書店<岩波新書>、小場瀬卓三・渡辺淳訳、1954年)
 La Revolution Francaise 1789-1799, 1948
・フランス革命と民衆(井上幸治監訳、新評論、1983年)
 Les sans-culottes parisiens en l'an U; mouvement populaire et gouvernement revolutionnaire, 1958
・大革命前夜のフランス(山崎耕一訳、法政大学出版局、1982年)
 La France a la veille de la Revolution, Economie et Societe, 1974
ロバート・ダーントン Robert Darnton
・革命前夜の地下出版(関根素子・二宮宏之訳、岩波書店、1994年)
 The Literary underground of the Old Regime, 1982
リン・ハント Lynn Hunt
・フランス革命の政治文化(松浦義弘訳、平凡社、1989年)
 Politics, Culture and Class in the French Revolution
フランソワ・フュレ Francois Furet
・フランス革命を考える(大津真作訳、岩波書店、1989年)
 Penser la Revolution Francaise, 1978
アルベール・マティエ Albert Mathiez
・フランス大革命 全3巻(岩波書店<岩波文庫>、1958〜9年)
 La Revolution francaise, 1922-27
ジョルジュ・ルフェーヴル Georges Lefebvre
・1789年ーーフランス革命序論(高橋幸八郎・柴田三千雄・遅塚忠躬訳、岩波書店<岩波文庫>、1998年)
 Qutre-vingt-neuf, 1939

・フランス革命史(F・ブリュシュ、S・リアル、J・テュラール著、國府田武訳、白水社<文庫クセジュ>、1992年)
 La Revolution francaise, par Frederic Bluche, Stephane Rials et Jean Tulard

・フランス革命事典(F・フュレ、M・オズーフ編、河野健二・阪上孝・富永茂樹監訳、みすず書房、1995年)
・資料フランス革命(河野健二他編訳、岩波書店、1989年)

岡本明
・ナポレオン体制への道(ミネルヴァ書房、1992年)
河野健二
・フランス革命とその思想(岩波書店、1964年)
・フランス革命の思想と行動(岩波書店)
柴田三千雄
・バブーフの陰謀(岩波書店、1968年)
・パリのフランス革命(東京大学出版会、1988年)
・フランス革命(岩波書店、1989年)
立川孝一
・フランス革命ーー祭典の図像学(中央公論新社<中公新書>、1989年)
田村 理
・フランス革命と財産権ーー財産権の「神聖不可侵」と自然権思想(創文社、1997年)
遅塚忠躬
・ロベスピエールとドリヴィエーーフランス革命の世界史的位置(東京大学出版会、1988年)
平岡昇
・平等に憑かれた人々ーーバブーフとその仲間たち(岩波書店<岩波新書>、1973年)
本田喜代治
・フランス革命と社会思想ーー近代フランス社会思想の成立(法政大学出版局、1970年)
前川貞次郎
・フランス革命史研究(創文社)
森山軍治郎
・ヴァンデ戦争ーーフランス革命を問い直す(筑摩書房、1996年)

・フランス革命の研究(桑原武夫編、岩波書店、1959年)

【科学史&数学史】
チャールズ・ウェブスター Charles Webster
・パラケルススからニュートンへーー魔術と科学のはざま(金子務監訳、平凡社、1999年)
 From Paracelsus to Newton-Magic and the Making of Modern Science, 1982
マイケル・ハンター Michael Hunter
・イギリス科学革命ーー王政復古期の科学と社会(大野誠訳、南窓社、1999年)
 Science and Society in Restoration England, 1992
クラース・ファン・ベルケル Klaas van Berkel
・オランダ科学史(塚原東吾訳、朝倉書店、2000年)
 In het voetspoor van Stevin-Geschiedenis van de natuurwetenschap in Nederland 1580-1940, 1985

古川安
・科学の社会史ーールネサンスから20世紀まで(南窓社、1989年)

小堀憲
・18世紀の数学<数学の歴史5>(共立出版、1979年)

【生命の思想】
ジャック・ロジェ Jacques Roger
・大博物学者ビュフォン(ベカエール直美訳、工作舎、1992年)
 Buffon-un philosophe au Jardin du Roi, 1989

ハインツ・ゲールケ Heinz Goerke
・リンネーー医師・自然研究者・体系家(梶田昭訳、博品社、1994年)
 Carl von Linne--Arzt. 1707-1778, Naturforscher, Systematiker, 1989
西村三郎
・リンネとその使徒たちーー探検博物学の夜明け(朝日新聞社、1997年)

【百科全書】
・百科全書(桑原武夫訳編、岩波書店<岩波文庫>、1971年)ーー代表的項目の翻訳
・フランス百科全書絵引(ジャック・プルースト監修、平凡社、1985年)

フランコ・ヴェントゥーリ Franco Venturi
・百科全書の起源(大津真作訳、法政大学出版局、1979年)
 Le Origini dell'Enciclopedia, 1940
ジャック・プルースト Jacques Proust
・百科全書(平岡昇・市川慎一訳、岩波書店、1979年)
 L'Encyclopedie, 1965

中川久定

・啓蒙の世紀の光のもとでーーディドロと「百科全書」(岩波書店、1994年)
市川慎一
・百科全書派の世界(世界書院、1995年)

・フランス百科全書の研究(桑原武夫編、岩波書店、1954年)

【個人研究】
木崎喜代治
・マルゼルブーーフランス18世紀の一貴族の肖像(岩波書店、1986年)
渡辺誠
・コンドルセ(岩波書店<岩波新書>、1949年)

 

「近代知確立の先駆者たち」トップページ