ルソーの生涯と主要参考文献
La vie de Rousseau et la bibliographie principale

 ジャンジャックルソー Jean-Jacques Rousseau、1712年−78年。スイス、ジュネーヴ出身でフランスで活躍した作家、思想家。単なる純理論にとどまらない多感さを反映した著作は広く読まれ、フランス革命にも多大な精神的影響を及ぼした。
 その劇的な生涯は1728年のジュネーヴ出奔からはじまり、出奔して間もなくサヴォイでヴァラン夫人と知り合いその庇護を受ける。夫人と別れたのち、1740年〜41年にかけてリヨンのマブリ家(哲学者マブリ師コンディヤック師の実兄の家)に滞在、マブリ家の家庭教師を務める。この職を辞した後、1742年、シャンベリー経由でパリに来住し、カフェでディドロらと知り合う。これがきっかけで後の一時期、『百科全書』に原稿を執筆している。
 1742年に音楽の新しい記譜法を発表したもののほとんど受け入れられず、パリでは、経済的にも社会的にも不遇の状態が続く。しかし1750年にディジョンのアカデミーへの懸賞論文として執筆した『学問芸術論』Discours sur le retablissement des sciences et des artsが入選してこの不遇状態は一変、以後次々と意欲的な著作・音楽作品を創作する。ベストセラーとなった書簡体の恋愛小説『新エロイーズ』Nouvelle Heloise(1761年)、『社会契約論』Du Contrat social(1762年)などはこの時期に書かれている。ただしこの間、ヴォルテールダランベール、ディドロら当時の思想界の主流とほとんど絶交状態となる。
 1762年はじめに教育論『エミール』Emileが刊行されると、そのなかの「サヴォア人司祭の信仰告白」のもつ自然宗教的な内容がパリ大学神学部から断罪され、同年6月、フランス国外への亡命を余儀なくされる。なお、この「サヴォア人司祭の信仰告白」は、単なる既存のキリスト教体制への批判だけでなく、直前に刊行され出版許可取消処分を受けたエルヴェシウス『精神論』の無神論的な内容への反論をも意図したルソーの総合的宗教論、情念論と考えることができる。
 亡命中は、スイス、イギリスなどを転々としたが、彼を保護したイギリスの哲学者ヒュームなどとも被害妄想から一方的に仲違いし、1770年、偽名でパリに戻る。パリでは、亡命中から執筆していた『告白』Confessionsを書き上げ、最後に『孤独な散歩者の夢想』Reveries du promeneur solitaireを書き出したが、この作品を中断したままパリ郊外で亡くなった。
 初期の『学問芸術論』をはじめとし、『人間不平等起源論』Discours sur l'origine et les fondements de l'inegalite parmi les hommes(1755年)、『社会契約論』など社会的・政治的な著述も多いが、そのなかには、『コルシカ憲法草案』Projet de constitution pour la Corse(1765年)、『ポーランドの統治とその改革に関する考察(ポーランド統治論)』Considerations sur le Gouvernement de Pologne et sur sa reformation(1771年)など、当時の具体的な政治情勢を反映した作品も存在する。
 また1960年代以降、1750年代に書かれ、ルソーの死後に刊行された『言語起源論』Essai sur l'origine des languesが、レヴィ=ストロース、デリダなどの構造主義哲学者によって注目されている。

【日本語テクスト】
ルソー全集(全14巻、別巻2巻) 白水社(1979年−84年)
【主要参考文献】
「ルソー研究」 (桑原武夫編、岩波書店、1951年)
「ルソー論集」 (桑原武夫編、岩波書店、1970年)
「ジャン=ジャック・ルソー伝」 (J・ゲーノ著、宮ケ谷徳三・川谷清隆訳、白水社<ルソー全集別巻1>、1981年)
「ジャン=ジャック・ルソー問題」 (E・カッシーラー著、生松敬三訳、みすず書房、1974年)
「ルソーとその時代の政治学」 (R・ドラテ著、西嶋法友訳、九州大学出版会、1986年)
「ルソーの合理主義」 (R・ドラテ著、田中治男訳、木鐸社、1979年)
「ジャン=ジャック・ルソー」 (B・グレトゥイゼン著、小池健男訳、法政大学出版局、1978年)
「透明と障害ーールソーの世界」 (J・スタロビンスキー著、山路昭訳、みすず書房、1973年)
「J・J・ルソーーー透明と障害」 (J・スタロビンスキー著、松本勤訳、思索社、1973年)
「病のうちなる治療薬」 (J・スタロビンスキー著、小池健男・川那部保明訳、法政大学出版局、1993年)
「ルソーの世界 あるいは近代の誕生」 (J・L・ルセルクル著、小林浩訳、法政大学出版局、1993年)
「孤独の政治学」 (R・ポラン著、水波朗ほか訳、九州大学出版会、1982年)
「ジャン=ジャック・ルソー」 (M・レイモン著、松本真一郎訳、国文社、1990年)
「根源の彼方にーーグラマトロジーについて」上下 (J・デリダ著、足立和浩訳、現代思潮社、1972年)
「悪魔と裏切り者ーールソーとヒューム」 (山崎正一・串田孫一著、河出書房新社、1978年)
「ルソーとその時代」 (小林善彦著、大修館書店、1973年)
「ルソーの政治思想」 (樋口謹一著、世界思想社、1978年)
「ジャン=ジャック・ルソーーー市民と個人」 (作田啓一著、人文書院、1980年)
「マルクスからルソーへ」 (田中吉六著、農山漁村文化協会、1980年)
「甦るルソー」 (中川久定著、岩波書店、1983年)
「ルソーの政治哲学」上下 (白石正樹著、早稲田大学出版会、1983年、84年)
「ルソーとその時代」 (押村襄・押村高・中村三郎・林幹夫著、玉川大学出版部、1987年)
「ジャン=ジャック・ルソー論」 (吉岡知哉著、東京大学出版会、1988年)
「ルソーの政治思想ーー「社会契約論」から「ポーランド統治考」を読む」 (小林浩著、新曜社、1996年)
「ルソーの政治思想ーー平等主義的自由論の形成」 (土橋貴著、明石書店、1996年)
「ルソーの政治思想ーーコスモロジーへの旅」 (山本周次著、ミネルヴァ書房、2000年)
「ルソーにおける正義と歴史」 (鳴子博子著、中央大学出版部、2001年)
「ルソーの啓蒙哲学ーー自然・社会・神」 (川合清隆著、名古屋大学出版会、2002年)
「啓蒙思想の三態ーーヴォルテール、ディドロ、ルソー」(市川慎一、新評論、2007年)

 

「18世紀人物誌」〜ルソーの項へ

「ルソーとエルヴェシウス」〜山本周次氏『ルソーの政治思想』より

近代知確立への歩み(17〜18世紀簡易年表) Chronologie