スピノザの生涯・思想・参考文献

La vie et la pensee de Spinoza avec la bibliographie

 Baruch de Spinoza。1632年−77年。オランダ(ネーデルラント)のユダヤ系哲学者。
 私見によれば、スピノザ哲学の核心は確実性の問題であり、超越的な存在の直観知と直観知によっては把握できない感覚的な存在物の根拠づけであるが、これが必ずしも明確な言語で記されなかったために、多くの誤解と混乱を生じさせている。確実性の問題を哲学の核にすえる限りにおいて、スピノザはデカルトの問題意識の直系的後継者といいうるが、その出発点が「我」ではなく神であり、神のうちなる観念である点でデカルトとは大きく異なり、むしろデカルトよりも古いタイプの哲学者に属すると思う。次の下村寅太郎氏の指摘は、直接的にはスピノザの方法について語ったものだが、スピノザ哲学全体の位置づけとしてもほぼ妥当なものではないか。
 「スピノザの幾何学的方法は、この体系的思想そのものに内面的な関係をもつ。デカルト哲学では物体的実体と精神的実体との二種の実体が考えられている。しかし実際には、この両者を超越しこれを根底においてささえている第三の実体として神が考えられていたはずであるが、この思想はデカルトにおいては前面に現れていない。デカルト以後の偶因論においてこの契機が自覚的に展開され、最後にマルブランシュにいたって神はすべての存在を超越しこれを包むものとして、「精神の場所」として理解される。ここに、いっさいを包括する全体的統一的な形而上学的空間が考えられている。スピノザの体系もこの形而上学的空間との関連において理解される。スピノザでは、いっさいの特殊や個体は普遍的全体的な神においてあり、それの様態modiにほかならず、したがってそれ自身において独立に存在する存在でなく、すべて普遍的法則によって因果的に連結され、規定される。根底には空間的神秘主義が予想されている。ここで、主観的、人間中心的な目的論的な方法がすべて排除され、もっぱら客観的、機械論的な方法が要求される。時間的関係は空間的関係に還元され、原因causaは理由ratioにほかならぬことになる。いっさいのできごとは必然的帰結になる。永遠の法則のみが問題になり、時間的契機は問題でなくなる。必然性と永遠性とは同じものになる。真に合理的な認識は人間的感性的な時間的な見方をこえてもっぱら「永遠の相のもとに」見ることにある」(下村寅太郎「スピノザとライプニッツーー「天才の世紀」の哲学と社会」、「世界の名著25スピノザ、ライプニッツ」解題、中央公論社、1969年)
 一般的な哲学史においては、スピノザ哲学の特徴として、実体を神と同一とみなし、これによって神中心の世界観から唯物論への展開を可能にしたと指摘されることもあるが、スピノザのテクストにそって考えれば、彼は通常考えられる意味において神を実体視したのではなく、個物を神のうちなる観念との相関でとらえようとしただけではないかとも思える。なぜならば、スピノザによれば個物は実体そのものではなく、その様態であるに留まるのであるから。スピノザにおいては、神と神のうちなる観念こそが確実な認識の対象であり、その認識行為は「愛」と呼び換えられる。すなわち「神への知的愛」である。我(身体)を含めた個物がこの超越者からどのように展開し、その認識がどのようにして確実性にいたるかは、存在論とは別個の、いわば二次的で派生的な問題なのだ。したがってこの個別認識の問題が生理的なシステムとして独自の意味づけを与えられることはない。それは存在論的な定義から派生する特殊な命題として幾何学的・論理的にかえりみられるに過ぎない。
 さて、幾何学のひそみにならって存在論の言語化をめざす主著「エチカ」の冒頭で、スピノザは有名な「神とは無限に多くの属性から成っている実体である」という定義を行ったが、17〜8世紀の同時代人にこの定義は理解されず、むしろ無神論と断定されて、スピノザの著作は読まれることなく危険視された。スピノザのテクストが読まれるようになるのは18世紀後半からであり、この時代に、スピノザは唯神論、汎神論の立場からデカルト来の心身二元論を一元論に再統合し、心身交通の難問に解決を与えたという評価が定まった。この評価が現代の哲学史においても基本的に継承されているといえる。この評価を一概に誤りとすることはできないが、これ自体18世紀後半のロマン主義的な思潮を反映させたものであり、この評価からは確実性の問題の位置づけが抜け落ちていることを見逃すことはできない。
 たとえば初期の著作「知性改善論」において、スピノザは知覚の4様式をあげ、聞き覚え、漠然たる経験、普遍的な概念からの結論をしりぞけ、事物を全くその本質のみによって知覚することを推奨する。認識上のさまざまな誤謬とは、本質知覚以外の知覚を絶対視することからくるものであった。後にスピノザが採用する幾何学的な方法論は、この誤謬を避けるために導入されたものであろうということはいうまでもない。
 さてスピノザの思想形成に関しては、17世紀オランダのユダヤ人社会のなかでの成長、ユダヤ教会からの破門(1656年)、デカルト哲学との出会いなどが重要な要素と考えられるが、伝記的な資料にとぼしく、決定的な断定は難しい。
 デカルトに関しては、まずその明晰な方法論がスピノザを魅了したと考えられるが、その一方で、意志の自由、知性認識の限界、誤謬認識の原因に関しては、早い段階からデカルトとは異なる立場をとっていた。いずれにしても直観知を重視し、感覚的認識を排除しようとするスピノザは経験論者ではありえず、デカルト哲学を基礎に、形而上学と人間学を統合した新たな倫理学(=エチカ)を構築していくことになる。
 1661年に執筆された哲学的処女作「神・人間そして人間の幸福に関しての短論文」Korte Verhandeling van God, de Mensch en deszelfs Welstandにはスコラ哲学的な要素もみられるが、続けて「知性改善論」Tractatus de Intellectus emendatione(1662〜3年、未完)を執筆、直観からくる確実なる観念を求めて感性的知覚や想像を廃し、同時に認識的な確実性と客観的存在は同一として、存在論を認識論のなかに包含させる傾向を示している。これに続いて、1663年、生前に自己の名を冠した唯一の書であり哲学入門的な要素をもつ「デカルトの哲学原理」Renati des Cartes Principiorum philosophiae pars Tet U. Cogitata metaphysica出版した。
 この頃すでにスピノザは主著「エチカ」を書き上げつつあったが、共和派とオラニエ派(総督派)が対立する当時のオランダの政治情勢とのかかわりのなかで、政治的にも宗教的にも自由主義的な共和派の実力者ヤン・デ・ウィットを支持し、哲学的な立場から宗教的偏見を批判し、聖書研究の自由を主張した「神学・政治論」Tractatus Theologico-Politicusを執筆し、1670年匿名で出版した。「神学・政治論」は評判となりただちに重版されたが、ウィット暗殺後の74年、カルヴィニズム正統派(=政治的にはオラニエ派)によって禁書に指定されてしまう。
 「神学・政治論」刊行によって国際的な名声が高まるなか、75年、主著「エチカ」Ethica ordine geometrico demonstrataを脱稿。「エチカ」は、@神について、A精神の本性と起源について、B感情の起源と本性について、C人間の隷従あるいは感情の力について、D知性の能力あるいは自由についてーーの五部からなり、それらを幾何学の方法を用いて厳密に証明している。しかしウィット暗殺後の険悪な政治情勢のなかで、スピノザは「エチカ」出版を断念せざるをえなかった。
 「エチカ」完成後「国家論」を執筆していたスピノザは、76年秋、ライプニッツの訪問を受ける。しかしこの二人の大哲学者は、互いを完全に理解するには至らなかった。翌77年2月にスピノザ死去。「国家論」Tractatus Politicusは共和制についての叙述の途中で未完のまま残された。「エチカ」は、スピノザの没後、友人たちによって刊行された遺稿集のなかではじめて公となった。なお、遺稿集は「エチカ」「国家論」「知性改善論」「ヘブライ文典綱要」「書簡集」からなる。
 純粋な思弁的哲学者の典型とされることが多いスピノザだが、以上のような伝記的事実を振り返ると、政治や国家についての発言が多いことも明らかである。これは、主著「エチカ」がタイトルからしていわば「人間倫理の学」であることとも無縁ではなかろう。神との合一からくる永遠の真理は、次に人間と社会に向かっていくという側面を強くもっているのである。
 
【邦訳テクスト】
「神・人間そして人間の幸福に関しての短論文」(畠中尚志訳、岩波書店<岩波文庫>、1955年)
「知性改善論」(畠中尚志訳、岩波書店<岩波文庫>、1931年)
「デカルトの哲学原理」(畠中尚志訳、岩波書店<岩波文庫>、1959年)
「神学・政治論」(畠中尚志訳、岩波書店<岩波文庫>、1944年)
「エチカ」(畠中尚志訳、岩波書店<岩波文庫>、1951年)
 〃   (工藤喜作・斎藤博訳、中央公論社<世界の名著25>、1969年)
「国家論」(畠中尚志訳、岩波書店<岩波文庫>、1940年)
「スピノザ往復書簡集」(畠中尚志訳、岩波書店<岩波文庫>、1958年)
【主要参考文献】
「スピノザの生涯と精神」(リュカス、コレルス他著、渡辺義雄訳、学樹書院、1996年)
 ーー同時代人から見たスピノザ像の集成。スピノザの伝記的研究の原点。
「レムブラントとスピノザ」(レオ・バレット著、奥山秀美訳、法政大学出版局、1978年)
「スピノザ」(工藤喜作著、講談社<人類の知的遺産35>、1979年)
「スピノザの方へ 人間と人間の自然をもとめて」(鷲田小弥太著、三一書房、1987年)
「スピノザと表現の問題」(G・ドゥルーズ著、工藤喜作・小柴康子・小谷晴勇訳、法政大学出版局、1991年)
「スピノザ哲学論攷 自然の生命的統一について」(河井徳治著、創文社、1994年)
「スピノザ哲学考究 普遍数学の樹立と哲学の終焉」(今野健著、東銀座出版社、1994年)
「スピノザと政治的なもの」(工藤喜作・桜井直文編、平凡社、1995年)
「スピノザ 異端の系譜」(Y・ヨベル著、小岸昭・E・ヨリッセン・細見和之訳、人文書院、1998年)
「スピノザ思想の原画分析」(藤本吉蔵著、政光プリプラン、1999年)
「スピノザの政治思想ーーデモクラシーのもうひとつの可能性」(柴田寿子著、未来社、2000年)
「スピノザという暗号」(田島正樹著、青弓社、2001年)
「スピノザ「エチカ」の研究ーー「エチカ」読解入門」(福居純著、知泉書院、2002年)
「スピノザ 実践の哲学」(G・ドゥルーズ著、鈴木雅大訳、平凡社、2002年)
「堕天使の倫理 スピノザとサド」(佐藤拓司著、東信堂、2002年)
「感じる脳」(A・R・ダマシオ著、田中三彦訳、ダイヤモンド社、2005年)
Spinoza et Leibniz, L'Idee d'animisme universel[スピノザとライプニッツーー普遍的霊魂論の観念] (R. Bouveresse, Vrin, 1992)
Spinoza, L'experience et l'eternite[スピノザーー経験と永遠]  (P. F. Moreau, PUF, 1994)
Qualite et quantite dans la philosophie de Spinoza[スピノザ哲学における質と量] (C. Ramond, PUF, 1995)
Spinoza, puissance et impuissance de la raison「スピノザーー理性の能力と不能力] (C. Lazzeri, PUF, 1999)
【参照】
スピノザ協会
「エチカ」テクスト(ラテン語原文)
「エチカ」英訳テクスト(Middle Tennessee State Universityサイト内)

 

「17世紀人物誌」〜スピノザの項へ

「神学・政治論」の構成

スピノザのおける社会契約思想

スピノザとレンズ磨き伝説

近代知確立への歩み(17〜18世紀簡易年表) Chronologie